リンク
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

概要 anchor.png

  • 本来、畳はワラ畳床と畳表と縁で作られていましたが、ここ数十年で畳床はいろいろな素材で作られるようになってきました。これらの畳床のメーカー名を使ってスタイロ畳、ダイケン畳と言います。
Page Top

呼び方の違い anchor.png

  • 上記のように、畳床の違いによってメーカー名から「(メーカー名)畳」と名付けられています。
toko-sta.jpg

スタイロ畳床は、ダウ加工のスタイロフォームという発泡ボードを使って作られた畳床だ。
もともとは、上下をワラで挟んで作っていたのが一番最初の製品でした。
一般的な畳店も、スタイロ畳床というと今でもワラとスタイロフォームを組み合わせた畳床を思い浮かべるのが普通だ。
この場合は、スタイロフォームを使っているのでスタイロ畳床と言い、カネライトフォームを使っている場合は、スタイロ畳床とは言わずカネライト畳床と区別して呼びます。

  • ところが、この「ワラ以外の素材」が初めて使われたのがスタイロ畳スタイロ畳床)で、当時(1970年頃)は相当なインパクトがあったため、ワラ以外の素材を使った畳床は全てスタイロ畳間違って呼ばれるようになります。
tokod-3.jpg

ダイケンボードが誕生してからは、その素材の組み合わせは様々となり、ワラとダイケンボード、あるいは、ダイケンボードとスタイロフォームなど、数々の製品が世に出てきます。この時に、メーカーとしては、自社の部材が使われている物は、全て「(会社名)畳床」と呼び、それで作られた畳のことを「(会社名)畳」と命名したため混乱が起きてしまいます。

  • つまり、ダイケンボードとスタイロフォームを使った畳床は、大建工業からすると「ダイケン畳床」となりますが、ダウ加工からすると「スタイロ畳床」となったわけだ。
  • このように、本来は、部材によって呼び分けるのですが、複数部材が組み合わされているのが普通であり、さらに歴史的にも混乱があったために、呼び方だけでは正確な製品が判らない場合も多々あります。
  • 現在では仕様書や発注書に「スタイロ畳」と書かれることはまずありません。理由は、上記のように部材の指定が正確にできないからだ。

Front page   Diff Backup ReloadPrint View   Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 5091, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2012-12-11 (Tue) 22:55:06
Last-modified: 2012-12-11 (Tue) 22:55:06 (JST) (2355d) by ゲスト
JIS・JAS・畳工事仕様
  • 仕様書の用語解説なので通常用語と合わない場合があります。
  • たたみ新聞社刊 '04たたみハンドブック 参照
  • たたみ新聞社様のご理解・ご協力ありがとうございました